レビューRSS
駿河屋amazonyahoo 究極タイガー
MAKER タイトー
GENRE シューティング
MEDIA Hu-Card
DATE 1989-03-31 PLAYER 1
★★★☆☆

 空中・地上を問わず攻撃できるショットと画面上を一掃するボムという、現在のシューティングのスタイルを確立した有名タイトル。元の業務用は今はなき東亜プランが開発、タイトーブランドで出ていた。難易度の高さには定評がある。タイトーのPC-Engine参入第一弾。

 全10面の縦スクロール。ショットとボムの2種類があり、ショットは4色に変わるアイテムを取ることで変更可能。初め装備している「赤」は、レベルが低いと前に弾が飛んで行くだけだが、ある程度パワーアップすると自機の左右に打ち出されてから前に向かうショット。「青」は一番よく使われる、扇形に弾が広がるショット。「緑」は前に一直線に進む、一種のレーザー。「黄」は前後左右4方向に弾を打つ。

 ショットのパワーアップは別アイテムで、ショットのチェンジではパワーアップしない。他にボムは、ボムのアイテムを取ることで増やすことができる。

 縦画面から横画面の移植にあたって、いくつかの変更が加えられているが、目立つところではボムの効果持続時間が0.5secから1.0secになっている。


■感想・評価
 タイトーの参入第一弾であることと、名作シューティングということで購入。

 ゲームとしての完成度は高いのですが、何と言っても難易度が高いです。5面ボスまでは行けるようになるのですが、これを越せるようになるのに一苦労(特にショットが弱いとき)。かなりのシューターでも10面ボスを正攻法で突破するのは大変だと聞いています。

 突破したときの壮快感は得難い物がありますが、私の反射神経で敵の弾をかわすラインを見切る事は困難でした。その点「雷電」は撃破されても別のラインがあったことが分かるのですが...

 結局、6面前半まで進んだものの、自分の限界を感じて攻略をあきらめました。

 発売日には人気のため購入することができず、毎日ショップに通っていたところ、美品の中古を発見。取り置きは不可能とのことで、ショップから家までの通常片道10分の道を駆け足で往復し、息を切らせつつも入手に成功しましたが、結局難易度の壁を破ることができず「雷電」に転向して売却。最高記録はノーコンティニューで6面前半。現在は未保有です。
1999年10月01日 00時00分 更新


ソフトレビュー凡例
駿河屋商品ページへ
amazon商品ページへ
ヤフオク!検索開始へ
wii配信有/検索開始へ
PS3配信有/商品ページへ


ゲーム派ドットコムお勧めサイト
PC-Engine Memorial.は1996年開設、NECの家庭用ゲーム機PCエンジンのポータル(リンク集)とソフトレビュー・生放送のサイトです。


This site powered by
This site is powered by CMS Designer.

管理者が厳選したサイトを掲載させて頂いております。当方所有ソフト・ハード売買のご相談には一切応じられませんのであらかじめご了承下さい。非公式エミュレーター関係は扱っておりません。

お問い合せフォーム