レビューRSS
駿河屋amazonyahoowii VCPS3 ガンヘッド
MAKER ハドソン
GENRE シューティング
MEDIA Hu-Card
DATE 1989-07-07 PLAYER 1
★★★★☆

 PC-Engineのシューティングゲームに影響を与えた、ハドソンの縦スクロールシューティング。'89夏休み全国キャラバン認定ソフト。タイトルは同名の映画から取ったものだが、内容は全く関係がない。

 全10ステージ。IIボタンがショット、Iボタンが周囲の敵に大きなダメージを与えるボムを発射。セレクトボタンで自機のスピードを5段階に変更可能。コンティニューは無制限。

 ショットのパワーアップはフォトン・プラクター(単発ビーム)、ディスラプト・ウェーブ(広範囲攻撃用ビーム)、フィールド・サンダー(レーザー)、リング・ブラスター(自機の周りを回るバリア)の4種類。

 サブウェポンでホーミング・ミサイル、マルチ・ボディー(オプションが付く)、シールド(固定バリア)、フル・ファイアー(ショットに応じて通常パワーアップとは別の攻撃形態を取る)の4種類がある。

 ショットは同じものか、ジェルと呼ばれるピンク色の玉を取ることで、6段階までパワーアップする。サブウェポンは同じものを取るとパワーアップしたり、連続してサブウェポンを取ることでボムを最高16個まで溜めることができる。他に隠しアイテムもあり。

 タイムアタックモードは付いておらず、非売品だがタイムアタック専用のガンヘッドが存在した。


■感想・評価
 90年頃に友人に借りて数回遊びましたが、本格的にやるようになったのは96年の11月にMLで話題になってからです。

 市販版は残念ながらAREA 4に永久パターン可能な場所があり、スコアアタックには難がありますが、AREA 3などスコアアタックを意識した作りになっており、惜しいところです。

 1面が長く、敵の弾の遅いという、最近見られないタイプの縦スクロールシューティングです。各面は繋がりはないものの変化に富んでおり、また自機のショットも様々なタイプがあって楽しめます。

 ストーリーよりもゲーム性重視で行くなら、きっと遊べる作品でしょう。ただし一度あたりのプレイ時間はステージが10ある上に各面が広いため、かなり長めです。

 初クリアは96年11月7日。MLメンバーの協力を得て入手することのできた未開封1を含め市販版3本を所有しています。
1998年09月01日 00時00分 更新


ソフトレビュー凡例
駿河屋商品ページへ
amazon商品ページへ
ヤフオク!検索開始へ
wii配信有/検索開始へ
PS3配信有/商品ページへ


ゲーム派ドットコムお勧めサイト
PC-Engine Memorial.は1996年開設、NECの家庭用ゲーム機PCエンジンのソフトレビュー・ポータル(リンク集)・生放送のサイトです。


This site powered by
This site is powered by CMS Designer.ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

当方所有ソフト・ハード売買のご相談には一切応じられませんのであらかじめご了承下さい。非公式エミュレーター関係は扱っておりません。
リンク集は管理者が厳選したサイトを掲載させて頂いております。


お問い合せフォーム