レビューRSS
駿河屋amazonyahoo 愛・超兄貴
MAKER 日本コンピューターシステム
GENRE シューティング
MEDIA SuperCD-ROM
DATE 1995-02-24 PLAYER 1
★★★☆☆

PC-Engineの異色シューティング「超兄貴」の続編。横スクロールはそのままだが、操作系まで異色になった。キャッチフレーズは「弾を打たずに心を打つ」

単身ビルダー星に調査に向かった「イダテン」が行方不明となった。これを知った「ベンテン」は2人の勇者「アドン」「サムソン」を、イダテンの捜索とビルダー星の調査に向かわせるというストーリー。

全5面、時間制。自機は前回オプションだった「アドン」「サムソン」から選択する。操作方法はコマンド入力によって兄貴がポージング! 上下左右各方向へ攻撃する!! 尚、単にボタンを押すとIボタンは無敵のポーズ「汗汁乱舞」。IIボタンは身近な敵にホーミングする「悦楽吐息」となる。

今回オプションはないが、特殊攻撃「メンズビーム」は健在!! 獲得点数によりマルチエンディングが楽しめる。サウンドは前作とは別の人が担当。


■感想・評価
「愛」の一文字が加わったせいか、サウンドを含め、若干ソフトな兄貴ワールドになったような気がします。

時間制、ポージングで敵を倒すと、新たな試みが加えられていますが、ゲーム的にはその独特のコントロールが取っつきにくく、いまいちの感が拭えません。

また前作と同じく、パッケージイラストを見て拒絶反応が起きたら、やめた方が良いと思います。先に述べたようにゲーム的に難があるので、お勧めできるのはこの世界観が好きな前作の熱烈なファンですね。

かくいう私もそれなりに楽しませてもらいましたが、お勧め度は前作の方が上です。

発売当初に購入。最低ランクのエンディングのみ、見ることができました。現在も保有。
1997年10月12日 00時00分 更新


ソフトレビュー凡例
駿河屋商品ページへ
amazon商品ページへ
ヤフオク!検索開始へ
wii配信有/検索開始へ
PS3配信有/商品ページへ


ゲーム派ドットコムお勧めサイト
PC-Engine Memorial.は1996年開設、NECの家庭用ゲーム機PCエンジンのポータル(リンク集)とソフトレビュー・生放送のサイトです。


This site powered by
This site is powered by CMS Designer.

管理者が厳選したサイトを掲載させて頂いております。当方所有ソフト・ハード売買のご相談には一切応じられませんのであらかじめご了承下さい。非公式エミュレーター関係は扱っておりません。

お問い合せフォーム