レビューRSS
駿河屋amazonyahoowii VC ウインズ オブ サンダー
MAKER ハドソン/RED/シーエイプロダクション
GENRE シューティング
MEDIA SuperCD-ROM
DATE 1993-04-23 PLAYER 1
★★★★☆

ハドソン「ゲート オブ サンダー」(PC-Engine SuperCD-ROM)の流れをくむ、横スクロールシューティング。

大神官長ゾーンブルと六大魔将軍率いるガルド帝国軍がミストラル王国に突然侵略を開始、暗黒神ザガードの復活を謀る。強大なザガード帝国軍に対し為す術を持たぬミストラル。しかし英雄デューの鎧を身にまとった剣士、ランディーがガルド帝国に対し単身戦いを挑んだ。

IIボタンはショットで、ステージ毎に炎の鎧、地の鎧、水の鎧、風の鎧の4種類から選択。近接時はいずれの鎧も剣で切りつける。Iボタンは鎧の種類によって異なるボム。ライフゲージ制である。

ショップまたはアイテムによってショットのパワーアップ、ライフ回復、ショップで使えるクリスタルを得ることができる。ショップのみで、ゲーム中にライフ全回復できるエリクサー、コンティニューの増加、ボム、一定のダメージを防ぐシールドをクリスタルで購入可能。

砂漠、水、火、湿林、氷雪、浮遊の6ステージを自由選択で攻略し、全てクリアすると最終ステージとなる。


■感想・評価
友人に勧められて購入し、遊んでみて驚いたことは、ファンタジーの世界観とロックがよくマッチしていると感じたことです。ただしショットの選択によっては、ショット音がうるさくて合わないと感じないこともありません。

「炎の大陸ラマーダ」と「浮遊大陸シェローム」は曲とステージが良くあっていて、とても好きなステージの一つです。しかし、ロックが好きでない人の受けはあまりよくない模様...

キャラクターが喋る全盛期にボスキャラクターが喋らなかったとと、喋らなくてもなんとなく存在感があるのも好きなポイントです。喋らないことでキャラクター色が適度に押さえられ、正解だったのではないでしょうか。

難易度的には難しめですが、私にとってはBGMと画面演出の調和によって、ノることができるシューティングです。

エリクサー使用のノーコンティニュークリア。現在も保有中です。
1997年10月12日 00時00分 更新


ソフトレビュー凡例
駿河屋商品ページへ
amazon商品ページへ
ヤフオク!検索開始へ
wii配信有/検索開始へ
PS3配信有/商品ページへ


ゲーム派ドットコムお勧めサイト
PC-Engine Memorial.は1996年開設、NECの家庭用ゲーム機PCエンジンのポータル(リンク集)とソフトレビュー・生放送のサイトです。


This site powered by
This site is powered by CMS Designer.

管理者が厳選したサイトを掲載させて頂いております。当方所有ソフト・ハード売買のご相談には一切応じられませんのであらかじめご了承下さい。非公式エミュレーター関係は扱っておりません。

お問い合せフォーム